両駆動CNC円筒研削盤

GPD-20

特長

  • 全段加工、無段取り化により、多品種量産ラインに最適

  • ドライブケレーやチャックが不要な両センタドライブ方式を採用。ワークの全段加工を可能としました。

  • NC移動式主軸台を左右共に標準搭載し、ワーク長30~430mmまでの心間調整を無段取りにて対応可能としました。

仕様

GPD-20
テーブル上の振り mm Φ200
センタ間距離 mm 430
最大研削外径 mm Φ80
センタ間負荷質量 kg 20
といしの大きさ 外径 x 幅 x 穴径 mm Φ300 x 30 x Φ127
(フランジレス)
といし周速度 m/s 45
製品案内に戻る