CNC偏心ピン/ポリゴン研削盤

GPES-30D

特長

  • 真円度・形状精度を追求した研削技術の最高峰

  • コンプレッサ用クランクシャフトや減速機等の偏心ピン、金型やツール等に用いられるパンチのポリゴン形状を、簡単操作で高精度・高能率研削加工をするCNC偏心ピン/ポリゴン研削盤。重畳制御機能によるテーパトラバース研削やコンタリング研削で、非真円形状のRと直線の滑らかな継ぎ加工が可能。

  • フルモデルチェンジを期に、といし台送りのスライドを今までの 油静圧(Sタイプ)と高精度リニアガイド(Lタイプ)の2つの仕様から選べるようにした。 センシング技術を取入れた保守の可視化や、IoTにもオプション対応が可能となった。

仕様

GPES-30D
テーブル上の振り mm φ300
センタ間距離 mm 300 / 600
最大研削外径 mm φ300
センタ間負荷質量 30
といしの大きさ 外径×幅×内径 mm φ350 × 50 × φ127
といし周速度 m/s 45
製品案内に戻る